キャッシングの総量規制

キャッシングの総量規制

法律改正がキャッシングに関して行われました。

 

2010年に改正貸金業法という法律の改正が行われたことにより、キャッシングには総量規制が入りました。

 

あまりに無計画にキャッシングを利用してたくさん借りてしまう人など、社会的に問題ともなっている多重債務の対策としてできあがった法律が総量規制です。

 

合計で年収の3分の1までしかキャッシングの借入ができないことが、総量規制が導入されたことにより、法律できちんと明示されたのです。

 

法律の対象は、証書ローン、カードローン、キャッシングローンなどの合計金額となりますので、多重債務をすること自体が不可能になるということなのです。

 

150万円の年収の人であれば、上限金額は50万円がキャッシングで利用可能ということになるのです。

 

義務としてすべてのキャッシング会社は信用情報機関への加入をしています。

 

他のキャッシング会社の利用状況を隠しておくことはできません。

 

この法律改正が行われる以前から審査に通って融資を受けているのであれば、継続して借り続けることは不可能ではありません。

 

総量規制の対象になるのは、新しくキャッシングをしようとする場合やもう一度審査を受けるという場合です。

 

無理な借り入れや多重債務の問題は、法律改正によって解決が進みつつあります。

 

過去にはキャッシングで借りることができるはずだったのに、法律によって不可能になってしまうこともあるでしょう。