企業用シンジケートローンの仕組み、特徴

企業用シンジケートローンの仕組み、特徴

シンジケートローンは、企業が資金調達の方法として用いるローンです。

 

シンジケートローンは複数の金融機関でシンジケート団を組成するものです。

 

金融会社の間に立つ立場になる人がアレンジャーで、アレンジャーの采配が重要になります。

 

融資を必要としている会社が、アレンジャーに求めてシンジケートローンの御膳立てをしてもらいます。

 

アレンジャーは、契約の内容を決めて、金融機関働きかけてシンジケート団の参加企業を募集します。

 

シンジケート団が金融機関によって組成されたら、参加した金融機関の合意で契約をまとめます。

 

ここから先はエージェントの出番です。多くはアレンジャーになっていた金融会社がエージェントとして、貸付人の仕事を果たします。

 

契約期間中にエージェントは借入人である企業と貸付人の連絡を取り次いだり、元利金の受払いなどの資金決済に関する事務的なとりまとめを行います。

 

融資に必要なお金を、幾つかの金融機関からまとめるためにアレンジャーが募集をかけるなど、シンジケートローンには独自性があります。

 

幾つかの金融機関を相手にしているために、債券よりも自由度の高い取引ができます。

 

取引条件を1つにして、融資契約書に集約できるというのもいいところです。

 

また、アレンジャーが複数の企業をまとめてくれるため、交渉や事務手続きが非常にしやすくなります。

 

一般的なローンより秀でている部分がシンジケートローンにあります。上手に使うといいでしょう。

シンジケートローンデメリット

シンジケートローンは、長所がたくさんあるように見えます.

 

 

欠点と言えるものはあるのでしょうか。

 

大きなデメリットのひとつは、お金を借りるたびに契約書を作成しなくてはならないことです。

 

毎回毎回の作業になるため、元々の仕事の方に問題が生じることもあります。

 

何かにつけて手数料が発生し、そのための費用を払わざるをえないことも気をつけたい点です。

 

一回一回の手数料が少額でも、常に請求され続けると合計額は無視できないものになります。

 

こちらからの交渉の余地なく、唐突に融資を中止されてしまう可能性があることが、シンジケートローンの重要事です。

 

もうこの会社には融資はできない、と金融機関同士の会議で合意が取れてしまうと、それで融資が終わる可能性かあるのです。

 

いっきに事業の経営が立ち行かなくなってしまうでしょう。

 

融資のために動かすお金はかなりなものになるため、シンジケートローンを利用するのは規模の大きな会社にのみ限られています。

 

シンジケートローンを、小さな会社が利用するという事態はないといってもいいでしょう。

 

シンジケートローンの話が出ても、契約がまとまって融資が行われるまではかなりの時間かかかるものです。

 

今すぐ融資をして欲しいという会社から見れば、途方もなく時間がかかってしまうローンなのです。

 

利点と欠点の双方を比較して、よりどちらかを重視すべきかが、シンジケートローンでは大事です。