ローンと金利

ローンと金利

ローンを組む時には金利のことが気になる人は多いのではないでしょうか。特に家を購入する際に利用するローンの時は借り入れ金額が大きいものです。金利の違いが小さくても、返済総額は大きく変わってきます。結婚したり子供が生まれることで家族構成が変わることで、新しく自宅を購入したいと考える人は多いと思います。

 

家を建てようとするのであれば、まず頭金の用意が頭に浮かぶかもしれませんが、ローンについての詳細(金融機関をどこにするか、金利はどれぐらいか、など)もしっかり見る必要があります。ローンには金利以外にもいろいろなと確認すべきポイントがあります。借りた額は同じでも、金利の利率や種類がちがうと月々の返済額が変わってきます。

 

特に金利に関してはローンを扱う金融機関によって金利が異なるだけで無く、長期固定金利、短期固定金利、変動金利などのいくつか種類があります。金利の種類によって、それぞれメリットとデメリットがあり、なかなか決めにくいのも現実です。

 

新規に自宅を購入する際には、借り入れする金額も大きくならざるを得ず、長い年月をかけて返すことになるので、悩みどころかと思います。融資額が大きくなるため仕方がないのですが、融資手続きも複雑ですし、金融機関提出書類も多岐にわたります。

 

ローンを組む時には、金利の他にも借入れ金額の上限や繰上げ返済が可能かどうか等も確認しましょう。手数料や担保、保証人についても検討すべき項目です。用意できる頭金が決まったら、ローンでまかなう部分についての計画を立てましょう。月々の返済金額と返済期間をきちんと把握し、金利を選択することが必要です。

法律的グレーゾーンなキャッシング金利

担保を必要とせずとも融資を受けることができるローンを無担保ローンといいます。

 

無担保ローンは、多くの人が利用しています。

 

経済の先行きが決して明るいとはいえない現在、無担保ローンは可能なのでしょうか。

 

実際のところ、無担保のローンやキャッシングというのは、最近では普通になってきているのです。

 

学生ローン、カードローン、キャッシングなども無担保で借り入れることができます。勿論、今でも担保が必要なローンと言うのもあります。

 

担保かが必要なのは、借入金額が高額なものになりがちな住宅ローンなどが代表的です。借り入れ金と同等程度の価値のあるものを担保に入れることで、抵当権をつくっています。

 

無担保ローンは、融資の希望額が少ない場合に限り、貸し付けができるというものです。

 

ひとついえることは、担保が必要な有担保ローンと比べると無担保ローンは貸し倒れなどのリスクがあることです。

 

そのため、無担保ローンは高めの金利を設定する傾向があります。

 

限度額や融資期間なども、有担保ローンと比べると低く設定されていたり、期間が短いなどいろいろな面で厳しい面もあります。制約はありますが、担保なしで借りられる無担保ローンは気軽に融資が受けられる人気の商品です。

ローンを無担保で借りる

グレーゾーンとして法律上分類される金利がキャッシングにあります。

 

キャッシングの法改正が行われた2010年以前では、出資法と利息制限法という2つの法律が定める上限金利に差があり、法律的にグレーゾーンになる金利がありました。

 

キャッシングの上限金は、利利息制限法では、元本によって違いはありますが15%〜20%がであると決められています。

 

対して出資法の場合には、29.2%をキャッシング利用時の金利が越えなければ良いとされていました。

 

グレーゾーン金利というのがこの2つの金利の差です。

 

このグレーゾーン金利があった時代は、多くのキャッシング会社で20%以上の金利における融資を行ってきました。

 

融資を受ける場合にもっと低い金利で受けることが可能になったのは、法律が変わったことでグレーゾーンが撤廃されたからなのです。

 

キャッシングだけでなくクレジットカードの金利を引き下げたところもあります。

 

その反面、法律の影響で以前より審査のハードルが高くなっていて、キャッシングをするのもなかなか難しいといいます。

 

かならず貸付金を返済してもらわなければ、低い金利でしか融資ができなくなった今は、キャッシング会社の立場からすれば、利益を得ることができないということなのです。

 

審査の基準が法律によって厳しくなったことでなかなかキャッシングができないという人をターゲットにしている業者もあるようです。

 

気がかりなのは、キャッシングの法律の改正によって非合法のヤミ金融などキャッシング業者が増えてしまうことなのです。