事業者ローンで運転資金の融資

事業者ローンで運転資金の融資

数々のローンがありますが、近年よく聞くローンに、事業者を対象とした事業者ローンが存在します。

 

一般的な消費者金融は、個人に少額の融資を行う金融サービスですが、こちらは自営業者に一定額の融資を行うというものです。

 

事業経営のために借入金を使うという目的別ローンが、事業者ローンとなります。

 

事業者ローンの融資を受けるには、過去3年間の決算が記載された資料が必要です。

 

確定申告をした時の書類が一式があればそれでいいでしょう。印鑑証明も同時に出すことになります。

 

一般的なキャッシングと比較すると事業者ローンは低金利で、借入限度額が高めになっているという利点があります。

 

申し込みをした日のうちに融資金が振りこまれるところもあり、審査の早さも魅力です。

 

銀行系と、信販系・消費者金融系が事業者ローンにはあります。金利条件が良く、貸付金も高い方がいい人は、銀行系の事業者ローンを検討してみてください。

 

完済までの期間も長くできますので、事業への負担は少なくなりますが、審査のハードルは高めです。ノンバンク系の事業者ローンのメリットは、スピードです。

 

審査がすぐに出ますし、銀行系ほど厳しくないので、速やかに資金を用立てたいという事業者に適した金融商品といえるでしょう。

 

今はどんなシチュエーションで資金を必要としているかによって、銀行系とノンバンク系を選択することが、事業者ローンでは大事になります。

事業者ローンの選ぶ場合ポイント

事業者ローン融資を受けて、経営を維持している人は少なくありません。

 

どういった点に注意をして、事業者ローンの利用先を選択するべきでしょう。

 

中小企業が事業の継続に資金が必要になった時などに、事業者ローンを利用しています。

 

事業者ローンは銀行から受ける融資と比較して審査が早く保証人や担保も原則不要です。

 

必要な手続きをすれば、数時間待つだけで融資が行われるものもあるので、急ぎで資金を集めている人には重宝します。

 

何のために、どんな使い方をするのかで、事業者ローンの借り入れ先は異なります。

 

銀行系の事業者ローンと、それ以外の金融会社の事業者ローンとか存在しています。

 

預金業務や為替業務を行っていないノンバンク系では、審査がすぐに終わって即座にお金が借りられます。

 

手続きの時間帯によっては、その場でローンを利用できるところもあります。申し込み時の書類は少なく、手間なく借りられます。

 

反面金利は高めで高額な融資を受けることはできません。

 

銀行系事業者ローンは借りるまでは大変かもしれませんが、月々の返済額が低く、利息も低いという利点があります。

 

ただし、銀行系の事業者ローンは提出しなければならない書類が煩雑で、審査にも時間がかかります。

 

その日じゅうの融資は不可能なので、その点は踏まえて行動をすることです。

事業者ローン注意点

事業者ローンを利用する時はね、どういう点に配慮するといいでしょう。

 

自営業をやっており、事業者ローンを使う人は少なくないようです。

 

手続きをするとすぐに審査結果が出て融資が可能な点や、担保がいらないことが事業者ローンの魅力です

 

。一般的なローンでは担保がなくてはなりませんが、担保いらずであることが事業者ローンの便利な点です。

 

担保がいらないと聞いて喜ぶ人も多いようですがそう思った人は要注意です。

 

担保のいらないローンということは、事業者に返済能力を見込めるかという点に基づいてお金を貸しているということです。

 

つまり、会社の存続が難しくなった場合でも、事業者ローンの返済は事業者本人が行わなくてはなりません。

 

会社を手放さなければならない状況でも、事業者ローン自体は会社のものではないので、会社ごと人に渡すことはできません。

 

後々のトラブルにならないよう、次の会社の事業者とも合意をとっておくことです。

 

次に会社を引き継いだ人がしっかり返済を続けてくれればそれでいい話ですが、債務者が変わらないことを悪用されれば、

 

延々と借りたお金を返し続けなければならなくなってしまうでしょう。事業者ローンで借り入れる金額は大きいので個人で返済をするのは大変なことです。

 

一線を退いても事業者ローンがついて回ることがないよう、きちんと契約事項をまとめておくことが重要です。事業者ローンを使う時には、ローンの特性をしっかり把握しておくことが大事です。

資金調達について

 

基本的な資金調達ということについておさらいしておきましょう。

 

そもそも資金調達をするためにはどのような方法がありますでしょうか?

 

→銀行、金融会社、ノンバンクからの「融資」。

 

→国や地方自治体などからの「助成金、補助金」。

 

→家族、親戚、友人などからの「借入金」。

 

→株式などへの「投資」。

 

→会社などからの「社債」。

 

などが考えられます。

 

起業する場合や中小企業が資金調達をする場合は、特に「融資」や「助成金、補助金」が多く使われます。

 

これらの資金の活用方法を決めることがまず一番重要なポイントです。

 

融資の場合は、借入金+利子を返済しなければなりません。

 

そのため、利子分のやりくりを考える必要がありますよね。

 

助成金などの場合は、返済の必要がないお金になります。

 

その点が融資と大きく違います。

 

助成金を受けるには、条件が大変厳しくこれをあてにして資金繰りをしようと考えるのは無謀なので止めておきましょう。

 

まずはきっちりと融資について考えてください。

 

資金調達先の候補のオンラインシミュレータで具体的な金額、返済年数などを比較してみるとわかりやすいのでおすすめです。

 

日本公庫のような政府の金融機関からの融資を受ける方法

 

他にも信用保証協会から受ける信用保証付融資

 

この2つが一般的な利用方法となります。

 

ノンバンクからの融資もあります。

 

しかし、利子が大変高額なためあまりおすすめしません。

 

簡単に利用して活用方法を間違えると痛い目にあってしまいます。

 

ノンバンクの場合、オンラインシミュレータから試算して申込みするだけで即日給付してもらえる簡単なしくみです。

 

最初にどこから融資を受けるのか、その先何十年のローン生活を決める大事なことです。

 

よく吟味して決めてくださいね。

 

→ 借金一本化