賢いお金のかりかたとは?

賢いお金のかりかたとは?

従来から、消費者金融、キャッシング、カードローンなどお金を借りる方法、手段というものは多数紹介されてきましたし、テレビCM等も多く流れています。

 

そういった中で、賢いお金のかりかたって?どういったことだろうと感じている人も多いでしょうから、この賢いお金のかりかたについて考えてみたいと思います。

 

基本的にお金を借りるという場合の大原則として、用途を決めてそれ以外には使わないということがあげられています。

 

3万円必要なら3万円を借りるということです。

 

お金を用意したけど3万円使わなかったという場合、1万5千円程度しか使わなかったという場合には、少額なものでもこの借りたお金から使わないということが必須になります。

 

同じお金だからと思うかもしれませんが、お金を借りた以上金利というものがありますから、そのお金を返済にまわしてできるだけ金利の負担を減らすということが必要です。

 

基本的なことですが、実際にお金を借りてしまうと、日用品等にこのお金を使ってしまうということも多々ありますから注意してください。

 

そして賢いお金のかりかたとして重要なポイントとして金利があります。

 

これは1%の違いはものすごく大きいということをしっていてください。10万円借りて2年かけて返すという場合には1%違うだけで2千円の違いが生じます。